なぜ幼稚園ではなく保育園で働こうと思ったのか

なぜ幼稚園ではなく保育園で働こうと思ったのか

将来、子どもと関わる仕事をしたいと思って勉強している方も多いと思います。
そして就職する時に幼稚園と保育園どちらで働こうかと迷った方もいるのではないでしょうか。
ここでは私の経験もふまえて「なぜ幼稚園ではなく保育園で働こうかと思ったのか」をご紹介します。

初めは幼稚園の先生になりたかった理由

私は自分が幼い頃にお世話になった幼稚園の先生になりたかったので、その幼稚園と連携している短期大学に進学することに決めました。

短大では、いくつかの実習があり幼稚園実習ではもちろん地元の幼稚園を選びました。
そして、実習先の幼稚園教諭である先生から子ども達に対する指導だったり声掛けなどを学びました。

幼稚園の先生になりたいと思ったのは、3歳以上の子どもは基本的に対話ができるので、子ども達と沢山会話したいという気持ちや1人でクラスみんなをまとめたいと思ったからです。

また保育園には0歳の子どもがいて、0歳に対する保育の仕方がわからないから保育士は無理だという気持ちもありました。

新卒の求人募集「幼稚園よりも保育園の求人の方が多い」

短大2年生になると就職活動をしなければなりません。季節で言うと夏頃になってくると求人数が増えていきます。
私は幼稚園の先生になりたいが為に保育園の求人はあまり見ていませんでした。

そして幼稚園の求人募集を中心に見てみましたが、幼稚園よりも保育園の方が圧倒的に求人数が多いことに驚きました。
それもそのはずです。保育園には0歳児から子どもがいるので、保育士の人数もいりますよね。

私が希望している幼稚園や、自宅から近い幼稚園の求人はほとんどありませんでした。

みんな面接を受けて採用されているのに、私は幼稚園の先生になることを諦めきれず、冬まで求人を待っていました。
しかし、周りのみんなが採用されている姿を見ていると焦りもありましたし、妥協しないといけないこともあると感じたので保育園の求人も視野に入れてみることにしました。

関連記事:保育業界の就職活動から就職について

保育園の採用試験

最初はどうしても幼稚園の先生になりたいという気持ちが強かったのですが、保育園の先生でも子どもと関われることには変わりないと思う気持ちになり、自宅から徒歩5分の範囲にある保育園の採用試験を受けました。

採用の結果はすぐに出て、見事採用内定しました。

クラス発表

私は未満児の子ども達の保育をすることに自信がなかったので、初めてのクラス発表の時も「5歳児の年長さんがいい!」という気持ちでいっぱいでした。

しかし、クラスは2歳児クラスを受け持つことになりました。子どもの人数に対して保育士の人数が決まっているので、2歳児クラスでは1人担任はできませんでした。

少し動揺した部分もありましたが、1年目なので「まずはこの保育園に慣れることから頑張ろう」と思いました。

幼稚園教諭が希望だったけど結果的に保育士で良かった

今となっては幼稚園ではなく、保育園で勤めることができて本当に良かったと思っています。実際働いてみて考え方が180度変わりました。

3年勤めていて3年とも未満児クラスの配属でしたが、未満児の赤ちゃん・子ども達に癒されながら保育できるという魅力を感じました。
保育園に勤めるまでは、赤ちゃんは何も会話ができないからつまらないと思ってしまっていたのですが、「つまらない」と感じていた私はいったい何を言っていたのだろうと思うぐらい未満児のクラスを担当できてよかったです。

今は専業主婦をしていますが、また仕事復帰する時は幼稚園ではなく保育士として仕事したいと思っています。

最後に

私のように最初幼稚園で働きたいと思っていたけど求人がなくて保育園に勤めることになったという方も多いと思います。しかし、幼稚園ではなく保育園で就職できてよかったと思う日はくるはずです。

保育園は幼稚園と違って朝から夕方まで子どもと関わることができるので、子どもが大好きな方には素敵な仕事だと思います。

この記事について

筆者:芽依ママ
保育士歴:3年
投稿日:2016年4月13日
記事編集:はる蔵

編集後記「個人的には保育園・認定こども園がおすすめ」

はる蔵の場合はこの記事「幼稚園ではなく保育園への就職を希望し続けた理由」で書いたとおりです。

昨今は幼稚園か保育園かだけではなく、もう一つの選択肢として認定こども園が含まれそうですね。
どこで働こうか迷っている方もいらっしゃることでしょう。そんな方は多少違いはあれ「子ども達と関わり保育する・教育することに大きな違いはない」と思うと気持ちが楽になるかもしれまん。

個人的には低年齢児のいる保育園または認定こども園がおすすめです。

一例ですが、自分以外の保育士が抱っこすると泣きます。ハイハイで保育士のところに近寄ってきます。こんなことがあります。
そして持って帰りたくなるレベルで可愛いです。

もちろんそう思うことばかりではありません。正直「もう泣くのやめてくれー」とか「こっちが泣きたいわ」と思うこともあります。

大変なこともあるけれど、それ以上の癒しもあるんですよね。

スポンサーリンク

保育専門求人サイトはココ!

コメント一覧

  1. ももちゃん より:

    幼稚園も保育園もどちらも双方の魅力がありますよね。
    赤ちゃんは言葉が通じないから。と思っていても毎日毎日繰り返し話しかけて伝えていくことである日笑顔になったり…伝わっていないようでしっかりわかってくれているものだから不思議ですよね。
    また、保育園で働いていると乳児保育からありますので自分がこどもを産んだ時にすぐに子育てに活かせるノウハウが盛りだくさんという魅力もありますよね。
    初めから一人担任を任せられると日々の保育に追われてしまってまわりをみる余裕もないことが多いですが、最初に複数担任でいろんな先生の保育を身近で見ることでいろんなやり方を知ることが出来て本当に勉強になりますよね。
    遠回りなようにみえて、それが一番の近道なんですよね。

  2. emifuru より:

    幼稚園と保育園。子供を育てる仕事としては同じなのですが、管轄が違うし、内容も違うので、自分としてはどちらがいいのだろうかと悩んでしまうことがあるかと思うし、その時に自分が望んでいた求人がないとガッカリしてしまうこともあるかと思います。一つの園で長く保育の仕事に携わることも大切かもしれませんが、いろいろな園を見て自分を磨くということも大切なのかもしれません。
    私は学生時代実習をして、幼稚園のほうが楽しかったし評価も良かったので、幼稚園に就職しましたが、その後保育園に就職し、未満児相手の仕事が思ったよりも楽しかったので、どちらも経験して良かったと思っています。

    考え方は人それぞれなので、何が良いとは言えません。自分を成長させるためにどうしたほうがいいのか考えることも大切なのではないかと思います。

コメント投稿

サブコンテンツ

ページの先頭へ戻る